自分の給料は明日会社へ行くための必要経費だった

今まで自分の給料がどのように決まっているのか、あまり深くは考えていませんでした。しかし金額は、昔も今も常に少なく感じています。

「頑張れば給料は上がる」と、若かった頃の自分は本当に信じていました。今の自分は、やや現実的に考えるようになりました。

ただ頑張ることが昇給の決め手ではなく、生きて行くのに必要な経費が増えるので、その分だけ昇給している、という事実。

そんな根本的な仕組みが、この本に分かりやくく説明されています。

転職や起業が全てではなく、今働いている会社にいながら働き方を変える考え方も書かれています。ハウツー本ではなく、基本的な考え方を身につけ、具体的な方法は自分で考え実行して行く必要があるでしょう。

私にとっては、とてもショッキングな内容でしたが、よくよく考えると腑に落ちました。