2018年に国内で買えるChromebookまとめ〜Acer編

こんにちは。

Chromebookの購入を考えた時、日本国内で正規に流通しているメーカーを選ぼうと思ったら、選択肢が意外と少ないのです。現状は、ASUSとAcerの2社だけです。

この記事では、AcerのChromebookをまとめてみました。

2018年12月21日時点で購入可能な機種です。

AcerのChromebook国内モデル

Amazonやビックカメラ系列、ヨドバシカメラで購入可能な機種

▼〈Chromebook Spin 11〉Wacom社製スタイラス入力方式ペンつきモデル。(発売日:2017年 8月)

▼〈Chromebook Spin 11〉ペンなしモデル。(発売日:2017年 8月)

▼〈Chromebook 11〉パールホワイトカラーが魅力。(発売日:2017年 9月)

▼〈Chromebook 11〉RAM2GB/16GB eMMCは、今となっては非力。(発売日:2017年 12月)

▼〈Chromebook Tab 10〉Chrome OS 搭載 9.7型タブレット。2018年12月発売の最新モデル!

 

ビックカメラ系列、ヨドバシカメラで購入(予約)可能な機種

▼Chromebook 11の、LTE SIMフリー&マルチタッチ機能搭載モデル。 2018年12月発表の最新モデル!

▼Chromebook 11のLTEなし、マルチタッチ機能搭載モデル。 2019年2月下旬発売予定

▼Chromebook 11のLTEなし、マルチタッチなしモデル。2019年2月下旬発売予定

新モデルの特徴を簡単にまとめると、

  • 米国国防総省の定める耐久試験「MIL-STD 810G」をクリア。
  • 強化ハニカム構造とキーボード周りのラバーバンパーにより、高い耐久性能と耐衝撃性能。
  • キーボードは防滴仕様で、最大330ミリリットルの水をこぼしても内部の部品に影響しないという。水は底面の排水孔から排出される。

法人・文教市場向けなので、しっかりとした作りとなっています。