【書評】『人を操る禁断の文章術』文章の書き方が変わります

こんにちは。

ブログを書く事に慣れていないと、文章が全然出てこないことがあります。また、かっこいい文章を書こうと意識してしまい、尚更思い浮かばなくなります。

文章を書く本来の目的は、読者の心を動かすことなのです。

その方法が、この本に書かれています。

今すぐ人を行動させること

文章を書くことの目的は、シチュエーショによって違いますが、大体は「何かしてほしい」時に、その内容を伝えるために書くことが多いと思います。

また、文章よりも会話で伝えた方が早いという意見もあります。しかし本書では、会話のデメリットがあると述べられています。

会話では、自分のビジュアルや声のトーン、言葉の使い方に気を配る必要があります。

文章は一度、書いてしまえば半永久的に働いてくれるのです。

文章とは、読まれるために書くものではない。行動させるために書くものだ。

「書かない」3原則

読み手の心を動かす文章を書く際の心構えとして、3つの原則を挙げています。

  1. あれこれ書かない
  2. きれいに書かない
  3. 自分で書かない

あれこれ書かないとは、あえて文章を短くすることだが、ブログで文字数を増やしたいという感情が働いてしまい、つい長々と書いてしまうことがあります。

でも、あえて短くすることで、読み手の想像力を借りることが重要であると述べられています。

また、きれいな文章では、人を動かせないとも述べられています。

人を動かすのは、論理ではなく感情。

読み手の想像力は、きれいな文章では刺激できないということです。

「自分で書かない」とは?

自分で書かない???一体どういうことでしょうか?

文章を書く時、「何を書こうか?」と、自分の頭の中にある情報を使って書こうとすると思いますが、それだと、読み手にとって、面白くない文章になるということです。

読み手の心を読み取って行くと、読み手の知りたいことがわかってきて、心に刺さる文章になるのです。

メンタリストとして活動されている著者の真骨頂ですね。

書くべきことは相手の心の中にあるのです。

相手の心をのぞき見る手法として、「マインドリーディング」について述べられています。

方法は、身近にいる人に興味や悩みなどの話を聞き、実際にいってみると、何に悩んでいるのかが見えてくる。

読み手を具体的に想定して書くだけでも、文章は鋭くなるということです。

まだ間に合います

読み手を行動させる文章を書く方法が、とても分かり易く書かれているので、ポイントを気にしながら文章を書いていくと、自然に読み手の心に刺さってくるはずです。

そんな私の文章。いかがでしょうか?

もちろん、あなたの文章力の向上も「まだ間に合います」

その方法が、この本に書かれています。