他人の目が気になってしょうがない

自分の行動や性格が許せなくなってしまう感情が出てくる時があります。

そんな息苦しさを感じている場面を冷静に観察してみると、他人の存在を意識しすぎていて、言われていない事も思い込みで判断してしまうときがありました。

そんな自分を的確に説明してくれている本がありました。

自分は他人にどう見られているのだろう?

どうしても気になります。

「他人の目」が気になってしまうのは「プチ・トラウマ」が原因だと、本書には書かれています。

過去のいじめや虐待の他にも、ちょっとした言葉で傷ついた経験も「プチ・トラウマ」になる原因とのこと。

直接言われることを繰り返すと、言われていないけど雰囲気や仕草で「言われている」ように勝手に受け取ってしまう。というのが私でした。子供の頃から今まで変わっていないような気がします。

これを癒すには、「ありのまま」を認めることが必要と書かれています。

今の自分を「ありのまま」受け入れることだと思いますが、継続が難しいのです。

その場では受け入れて、スッキリするのですが、やがて受け入れていない自分に戻っているのです。

そんな自分の今を「ありのまま」認めてみようを思います。