ASUS Chromebook C434TA (C434TA-AI0084)が国内で購入可能になりました

こんにちは。

2019年の大注目Chromebookである「ASUS Chromebook C434TA」が、ついに ASUS 公式オンラインストア「ASUS Store Online」で購入可能になりました。

2019年前半の注目機種が販売開始

以前の記事で紹介した新機種で、日本市場向けのモデルが直営ショップとオンラインで販売されます。(法人教育機関向けに2019年4月19日から発売となりました。個人でも購入可能です。)

このモデルの発売を、心待ちにしていた方も多いはずです。私も注目していました。主な仕様は下記の通りです。

型番
C434TA-AI0084
OSChrome OS※1
カラーシルバー
CPUCPU名:インテル® Core™ m3-8100Y プロセッサー
動作周波数:1.1GHz (インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0利用時は最大3.4GHz)
キャッシュメモリ:インテル® スマート・キャッシュ 4MB
メモリ容量標準 ※2:8GB
仕様:LPDDR3-1866
表示機能液晶ディスプレイ:14.0型ワイドTFTカラー液晶
表面仕様:グレア
解像度:1,920×1,080ドット (フルHD)
タッチパネル:搭載
グラフィックス機能:インテル® UHD グラフィックス 615 (CPU内蔵)
外部ディスプレイ出力 ※3:最大2,880×1,800ドット
記憶装置eMMC ※4:32GB
サウンドスピーカー:ステレオスピーカー内蔵 (2W×2)
マイク:アレイマイク内蔵
カメラ92万画素Webカメラ内蔵
通信無線LAN ※5:IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth®機能:Bluetooth® 4.0
入力キーボード:78キー日本語キーボード (イルミネートキーボード)
ポインティングデバイス:マルチタッチ・タッチパッド、10点マルチタッチ・タッチスクリーン
インターフェース外部ディスプレイ出力:-
USBポート:USB3.1(Type-C/Gen1) ※6×2、USB3.0×1
カードリーダー:microSDXCメモリーカード、microSDHCメモリーカード、microSDメモリーカード
オーディオ ※7:マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
電源ACアダプターまたはリチウムポリマーバッテリー (3セル)
バッテリー駆動時間約10時間 ※8
バッテリー充電時間約4時間
消費電力最大約45W
エネルギー消費効率 (2011年度基準):N区分 0.041 (AAA)
サイズ幅320.9mm×奥行き202.3mm×高さ15.7mm (突起部除く)
質量約1.45kg
保証期間本体:購入日より12ヵ月間のインターナショナル保証
バッテリーおよびACアダプター:購入日より12ヵ月間の日本国内保証
主な付属品ACアダプター、製品マニュアル、製品保証書
その他※1. プリインストールされているOS以外はサポート対象外となります。
※2. メモリの増設や交換はサポートしておりません。予めご了承ください。
※3. 外部ディスプレイの仕様によっては表示できない場合があります。
※4. システム領域が存在するので、上記の容量すべてがユーザー使用可能領域とはなりません。
※5. 5GHz帯をサポートしています。電波法により、W52/W53は屋内使用に限ります。
※6. データ転送と映像出力、本機への充電をサポートしています。データの転送や映像の出力をされる場合は、対応するデバイスを用意してください。
※7. 4極ミニプラグをサポートしています。ヘッドセットマイクをご使用の場合は、4極タイプのものをご使用ください。
※8. バッテリー駆動時間は、Googleの制定した測定方法にて算出した値となります。

高額だけどスペックが魅力的

実物を触っていないのでスペックや画像からの想像です。

CPUが高速であるのはメリット大ですが、メモリ容量が8GBあることがポイント高いですね。FHDの画像描画やAndroidアプリの動きに大きく貢献してくれるのではないでしょうか。

ストレージは、eMMC32GBで、Chromebookとしては一般的です。欲を言えばSSDだったら更に高速だったとおもいます。(価格に影響しますが・・・)

狭額縁の構造により、従来の13インチクラスの筐体に14インチのディスプレイが埋め込まれており、画面のインパクトがとても大きいですね。

ちょっと気がかりなのが、ボディ剛性ですね。この点だけは是非触って確かめたいところです。これだけスタイリッシュに出来上がっているので、画面周りやキーボードのたわみ具合などがちょっと心配です。

価格は、なんと、84,800円(税別)。

Chromebookとしては高額な部類です。しかし、考え方によっては充分に射程圏となるのではないでしょうか。