ブログは毎日書かないと上達しない

こんにちは。

すっかりご無沙汰になってしまったブログ更新です。

期間が空いてしまった事により、何を書いたらいいのやら・・・という意味のない問題に直面しています。

何気ない日記でもいいので、とりあえず書いてみよう・・・

ブログという「メディア」を運営するに当たり、どうしても意識しなければ行けないのが、「読者」の存在です。

記事をアップしている以上、誰かに読んでもらってこそ存在意義があるのであって、面白くない、役に立たない記事であってはならないのです。

でもって、「さあ、何を書こうか・・・」

方向性が定まっていない状態だと、どうでもいい日記記事になってしまいます。

頭に浮かんだことを淡々と書き綴っていると、「読者」を置き去りにした文章になってしまいます。

ブログに慣れていない段階では、どうしても練習が必要になると思います。

これには、安易な最短距離はありません。

とにかく記事を書きまくることです。それを毎日継続することです。

はじめのうちは、自分のことで一杯一杯なので、読者不在の文章になりがちです。

それでも毎日書いていると、少しづつ余裕ができてくるので、その余裕に「読者」という意識を組み込んでいくことで、文章が少しづつ変わっていくはずです。

好きなことを淡々と記事にしているブログを「雑記ブログ」というのですが、自分に意識が集中している状態のままだと、「日記」になってしまいます。

私自身にも言えるのですが、「日記」からステップアップした「記事」をかけるようになるためにも、「読者」の存在を常に意識した記事作りを心がけたいものです。

以上、私の「日記」みたいな記事でした。