初心者がブログやサイトで収益を上げるために必要なこと

「ブログで収入を得よう」と思い立っていざ始めて見ると、様々な壁にあたってしまいます。

ノンジャンルで好きなことを淡々と書き続けても、一向にアクセス数が伸びてこない。ノンジャンルであるがゆえにブログの個性がぼやけてしまい「何を言いたいのか」が伝わってこない。

ブログの場合、ブロガー自身の個性が売りになりコンセプトになるので、その個性を気に入ってもらってファンを増やしていく・・・という流れでしょう。

個性や主張の強いブロガーであれば、成功確率も高くなることが想像できますが、芸人やアイドルが売れるのと同じようなプロセスをたどるのです。

芸人やアイドル全員が売れているか・・・と考えた時、売れる可能性や確率はとんでもなく低いのです。

ブログが人気ブログになるというのはブロガーとして売れるということです。

意欲がいくらあっても自分では抗えない部分があります。

ネットで稼ぐ手段は多種多様にあります。

そこで「ブログ」という形態から離れて「サイト」という発想を考えてみます。

「サイト」は、昔で言う「ホームページ」です。

「ブロガー」は一人ですが、「サイト」は一人で複数作れます。失敗したら作り直せば良いんです。複数あれば、どこかが伸び悩んでも他がカバーしてくれる。

要は「リスク分散」です。

そういった観点から、サイトづくりに必要な作業と思考を考えてみました。

独自ドメインとWordpressを使用する

すでにブログを運営している方であれば、独自ドメインとWordpressは既に使用中だと思います。

ブログやサイトを複数持つということは、その数分の独自ドメインを持つことになります。

サブドメインやサブディレクトリを使うという手も考えられますが、SEO対策を考えれば長い目で見ても独自ドメインを取りましょう。「費用は売上で稼ぐ」という気合も、時には必要です。

ジャンル選びが超重要

サイトづくりで超重要かつ最も難しいのが「ジャンル」選びです。記事を沢山仕込んでいざ公開したはいいものの、半年以上たってもアクセスが伸びない・・・という失敗ケースの主な原因は「ジャンル」選びです。

選んだジャンルに既に強力なライバルサイトが多数あったり、または、あまりにも狭いジャンルを選んだがために読者になり得る人の数が少なすぎたりといったことが失敗要因になります。

「このジャンルが狙い目!」とか紹介してくれているブログ記事など、探せばいくつか出てくると思いますが、鵜呑みにして始めてしまうのも失敗につながってしまいます。

なぜかと言うと、自分とそのジャンルが合っているかが、大きなポイントになってきます。

簡単に言うと「そのジャンルが好きか」ということです。

好きじゃないと続きません。

なので、好きなジャンルから始めましょう。

記事数と文字数よりもサイトの総合力

アフィリエイトで成功する方法などが書かれている記事を読んでいて、大体こんな感じで説明されています。

  • 最低2000文字以上
  • まずは100記事から
  • ライバルサイトより文字数は多くすべし

始めたばかりの私ですが、「文字数は多いほうが良いのかな」という肌感覚ですが最近感じています。

あるキーワードで検索したときに上位表示されないと読者が来てくれません。ライバルサイトより上位に表示されていないと読んでくれる確率が減ります。

だからといって、無駄に長い文章は、個人的には飽きてしまって途中で読むのをやめてしまうサイトもあります。

これも肌感覚ですが、一つの記事で戦うのではなく、サイト全体の総合力で勝負するのが良いのかな、と思っています。

読者の悩みを1記事だけでなくサイト全体で解決出来る作り込みをすれば、詮索で来た読者をリピーターに出来るのではないでしょうか。自分のサイトをブックマークしてくれて、毎日のように見てくれる・・・のも嬉しいですよね。

SEO対策は無理せず出来るとこから

SEO対策を意識しすぎてしまうと、思うように記事が書けなくなってしまうことがありませんか?

とりあえず、タイトルと見出しだけ意識して本文は無理しないという感じで、ゆるく構えれば、記事全体の読みやすさにつながるのではないでしょうか。

サイト全体を設計する段階でキーワードを意識した構成にすることで、一つの記事だけでなくサイト全体で、要するに総合力で評価してもらえるのではないでしょうか。(これから検証してみたい方法の一つです)

「Google Adsense」で安定化

収益を上げるという観点で考えると、アフィリエイト商品の売上を追求することが、単価と総売上を上げるには良い方法であるのは確かです。

しかし、数年に渡って「安定して売上を上げ続けるか」という観点からすると、アフィリエイト一辺倒だと限界があることが想像できると思います。

サイトのファンになってくれて、ブックマークから入ってくる読者からの売上を期待する手段としては、Adsenseの方が可能性は高まります。「何気なく来たら興味深い広告が偶然目に入り、思わずクリック」というシーンが想像できます。

まとめ

ブログの収益化に苦労しているのは私だけではないと勝手に思っていて、こんな記事を書きました。

ブログから「ブロガー」として認められ、ブログ自身からの収益に加えてネットだけでなくリアルな仕事が舞い込んでくる・・・というスタイルを夢見てブログを始めたのも、私だけではないと思っています。

でも、ちょっと方向を変えて、「サイト」を有名にする考え方もアリだと考え見ませんか。

「このサイトの作者って誰だろう?」と思ってもらえると、ルートは違えどリアルな世界とつながるのではないでしょうか。