ブログ初心者にありがちな記事の書き方

ブログ記事を書こうとPCの前に座った時、「さあ、何を書こう・・・」と考えてしまい、一向に手が進まない・・・なんて経験ありますよね。私も初心者ブロガーの一人なので、この問題に悩まされています。

初心者にありがちな記事の特徴は「読者」に対する意識だと気づきました。

ブログ初心者にありがちな記事

ブログ初心者にありがちな記事

ブログを始めようと思った動機を考えたとします。

私もそうなのですが、「稼ぎたい!」というのが先に来た方が多いと思います。

単純に「好きなこと」を書き綴っていきたい・・・という方もいらっしゃると思います。

どちらの方にも共通して言えるのが「たくさんの人に読んでもらいたい」だと思います。

自分の思いを一生懸命に文章化していくと、自分しかわからない表現や言葉遣いが出てきてしまいます。

ここで考えていただきたいのが、私達は「ブログ」を「誰に」読んでもらいたいか?です。

なぜか日記になってしまう

なぜか日記になってしまう

ブログで稼ぐには「毎日更新」「まずは100記事」「2000文字以上」などなど大量のブログ術がネット上に存在しており、それらを意識しすぎるあまり書けなくなってしまうことがあります。

是が非でも書かなきゃ・・・という意識で無理やり書き始めると・・・出来上がった文章は「日記」になっていた・・・ということが起こります。(私のことです。)

正直、日記は書きやすいです。

その日の出来事(見たものや食べたものなど)を思ったとおりに書いていくと、スラスラ進んでいきます。

その文章の結論が、「美味しかった」「楽しかった」「最高!!」で終わってしまっているのです。

読み手が友達や親戚なら、全然OKでしょう。

でも、他人に読んでもらい、その人が「役に立った」と思ってもらえたら、とてもうれしいですよね。

「ブログ」の効果を最大限に発揮させると、あなたに変化が起こります。

読者の存在を意識しよう

自分の書いた文章が「ブログ」というネット上の舞台で最高のパフォーマンスをすると、「読者」がとても喜んでくれます。

なので、あなたのブログの中にある文章を、「日記」から「記事」に進化させましょう。

そのためには、「読者」の存在を忘れてはいけません。

あなたの書いた文章は、誰かの役に立つ「記事」でなければいけません。

でも、いきなり記事を書けと言われても簡単には書けません。

書けるようになるには練習が必要でしょう。

ネット上にはたくさんブログがあるので、読むのも練習になるのですが、それでは成長が遅すぎます。

うまく書けるようになるには、「書く」しかありません。たくさん書きましょう。上手い下手を考えず、たくさん書きましょう。

「記事」を書くという意識だけは忘れずに、たくさん書きましょう。

文章術を学ぶための本

先人の知恵を身につけるには、本を読むのが最適です。各練習と並行して「文章術」を読んで学べる本をご紹介します。

この3冊が、多くのブロガーさんが推奨していた本です。私自身も読んだ本です。

まとめ

「ブログ」というインターネットを利用したツールは、誰でも使えて誰かを幸せにできます。その誰かである「読者」の感じる喜びの気持が「お金」になって、あなたのところに届くのです。

こんな文章を書いている私も、意識していないと「日記」になりがちです。

とにかく書くことを継続していけば、どんどん良質な「記事」を書けるようになるはずです。