『カメラはじめます! 』カメラを始めようと思っている初心者におすすめの本【書評】

こんにちは。

カメラを趣味にしている方は多いと思います。最近は「カメラ女子」も普通にいらっしゃいますし、シニアの方で熱心な方も多くいらっしゃいます。

今回は、カメラを始めたい方に最適な本をご紹介します。

私のことを申し上げますと、カメラとの出会いは、小学生高学年になった頃です。

父親の一眼レフ、確か「OLYMPUS PEN」だったはずです。詳細は覚えれいません。

フィルムカメラで、「ハーフサイズ」と言われていたタイプです。1本のフィルムで通常の2倍の枚数が取れるのです。

何を撮っていたかというと、よく駅に行って電車を撮影したり、近所の線路沿いで通過する電車を撮影していました。今で言う「撮り鉄」でした。

小学生時代は夢中で撮っていて、現像はプリントは親にフィルムを預けて完成を待っていただけでした。当時は、数日待たされるのが当たり前だったので、完成が楽しみでした。

しかし、大きくなるにつれて、写真を撮る枚数が減ってきました。

大きな原因は、お金の問題です。現像・プリントはタダではないのです。

適当に撮ってしまったものや失敗写真も全てプリントされてくるのです。

プロ寄りの方でしたら、ネガの中から必要なものをプリントする方法もできますが、素人は困難です。

と言うことは、常にベストショットを求められます。要するに、シャッターを切ることがプレッシャーになったのです。

結婚して子供が出来て、新しいカメラを買いました。「EOS Kiss」です。フィルムタイプです。デジタルは普及していなかった時代でした。

写真を撮るシーンが増えましたが、失敗が許されないプレッシャーは変わらず、撮影枚数は多くはなかったのです。

同時にビデオカメラも買ったので、そちらの出番が圧倒的に多かったのです。

やがてデジタルカメラが出てきて、画素数が上がり、プリントしても遜色ないレベルになった時に、デジタルカメラを買いました。その時は一眼ではなく、コンパクトカメラでした。

やっとシャッターのプレッシャーから解放されたのですが、感覚的な高揚感と言うか、撮影意欲が湧かなかったのです。

コンパクトカメラだと、正直、面白くないのです。

スマホを持つようになると、カメラはメモのような使い方が中心ですが、写真を撮ることに感動を感じることはなくなりました。

小学生時代に感じた、写真を撮る楽しさや高揚感を、再び味わってみたいなぁ、と思っています。

本書は、マンガでストーリーが展開されていて、とても読みやすいです。

覚えることは、「3つだけ!」と書かれています。読み終わって感じたのは、この「3つ」を掛け合わせれば無限に楽しめることが理解できます。

高等テクニックはたくさんあると思いいますが、初心者は考えなくて良いです。

この「3つ」を使うことに集中するだけで、写真が楽しくなること請け合いです。

私も、小学生時代の気持ちを取り戻してみようと計画中です。

皆さんも、いかがですか?