ASUS Chromebook Flip C101PAを触ってみた印象【ミニレビュー】

こんにちは。

少し前に「Chromebook Flip C101PA」を、ヨドバシカメラで展示品を触ってきた時の感想を書きたいと思います。

Chromebook Flip C101PA

液晶パネルを360度回転できるメリット

させることで、用途に合わせてテントスタイル、タブレットスタイル、ノートPCスタイル、スタンドスタイルの4つのスタイルで使用できます。

私が気に入ったスタイルは、「テントスタイル」でして、キーボード側に配置されているステレオスピーカーが画面の後ろのちょうど良いところに来るのです。

動画を観るのに最適なスタイルです。

画面の大きさと光沢

サイズは、『10.1インチ LEDバックライト WXGA (1280×800) Touchscreen』です。

Androidタブレットの大きい方と同じくらいですが、ベゼルが太い分だけ小さめに感じてしまいます。

光沢パネルなので映り込みはありますが、動画などはきれいに表示されます。

映り込みが気になる場合は、ノングレアタイプの保護フィルムがアマゾンなどで購入できるので、それを使用することで回避できます。

明るさは、眩しいくらいまではいかない、平均的な明るさに感じました。

キーボード

私的に、どうしても受け入れられなかったところが、キーボードの「たわみ」です。中央やや右上あたりが特に気になっていまいました。

もう一つが、「Enter」キーが小さく右側が窮屈に感じたことです。

気にならない人には全く問題にならないレベルだと思いますが、購入を検討している方は自分の手で確かめたほうが良いと思います。

まとめ

2017年のモデルですので、一般のパソコンと比較すると、かなり古いように思ってしまいますが、そんな古さを感じない魅力を持っているChromebookだと思います。国内で正規に流通している安価なモデルの中では、最もおすすめできるモデルです。

はじめてのChromebookにも最適です。

購入できる場所は、アマゾン、ヨドバシカメラ、ビックカメラなどの量販店の他、ASUS 公式オンラインストア「ASUS Store Online」で購入できます。