高校で普通に存在してほしい「ゲーム部」

こんな記事を見つけました。

高校生ゲーマー日本一を決めるeスポーツ大会「全国高校eスポーツ選手権」開催 毎日新聞社が主催に

毎日新聞社とサードウェーブは7月9日、全国の高校生を対象にした「第1回 全国高校eスポーツ選手権」の開催を発表した。

“eスポーツを楽しむ高校生を応援し、新しい文化として発展させていくこと”を目的としたeスポーツ大会。15~18歳の日本在住の高校生、高等専門学校生、定時制高校生、通信制高校生が対象で、同一の高校からチームを組んで参加できること(および予選、決勝に参加できること)が参加条件だ。

競技タイトルとして、現時点では「リーグ・オブ・レジェンド」を発表。その他のタイトルは後日発表の予定としている。予選はオンラインで実施(2018年12月下旬)、決勝は2019年3月下旬に都内会場で開催される。エントリーの受付は2018年9月~12月上旬の予定だ。

(出典:ITmedia

「eスポーツ」という言葉をよく耳にするようになってきました。要は「ゲーム」なのですが、ちょっと「プロ」の部分がフォーカスされすぎているかぁ、と感じています。

高校や中学の部活で「ゲーム部」ってどれくらいあるのだろうか?顧問のついている正式な部活として。

囲碁や将棋と同じくらい、当たり前に「ゲーム部」が存在してもいいんじゃないかなぁ、と思います。

そんな「ゲーム部」で楽しい学生生活を送るのも素敵じゃないですか。

「プロ」という頂点が、頂点として存在感を持ち続けるには、底辺の広さが重要だと考えます。

草野球のように、おじさんも気軽に楽しめる「eスポーツ」を普及させたいですね。