うつで仕事を休んでいるときの暮らし方〜とにかく休息を

こんにちは。

過剰なストレスで会社を休まなければならないくらい消耗しているのに、頑張り続けている方って、自分の肌感覚ですが、「かなり多い」のではないでしょうか。

無理をすると本当に「うつ病」になってしまいます。

なので、絶対に無理せず、そうなる前に休みましょう。

私の体験談をまとめました。

抑うつ状態時の、心と体の反応

過剰なストレスにさらされ続けていると、実は自分が気づかないうちに心と体が消耗してきます。

「なんとなくダルい」「楽しくない」といった「なんとなく・・・」という状態から始まります。

何に対してストレスを感じるかは人によると思いますが、私の場合は「人間」でした。何気ない会話でも周りの人全てに対して緊張感が取れなくなってきました。

その後、人と関わるのが面倒になり、そして徐々に恐怖感に変わっていきました。

体の反応も出てきます。

「息苦しい」「軽い頭痛」「軽い耳鳴り」「腰・肩・膝の痛み」「胸や背中の痛み」「暑いのに寒気」「寒いのに汗ばむ」など、様々な症状が出ました。

どの症状も「軽い」ので病院に行く程でもなく、実際に行ったときも「異常なし」でした。

でも「つらい」という状態が続くのです。

まずは休息をとる

いよいよ我慢できず、病院にいきました。そこで言われたのが「休息」することでした。

とにかく休むこと。これが重要とのこと。

うつ状態になる人って、この「休む」ということが出来ない人が多いそうです。休み方を知らず無意識に頑張り続けているのです。なので病気になるまで気づかない。体が反応しても無視して頑張ってしまうのです。

対して、うつ状態にならない人は、「ほどほどに頑張れる」「適度に気を抜く」「適度な気分転換」といった調節を「うまく」行うことが出来る人なのだと私なりに思いました。

というわけで、私はしばらく仕事を休むことになったのです。

この機会に休息をしっかり取るとともに、「無理をしない動き方を体で覚えることが必要」というアドバイスを病院の先生からいただきました。

変な焦りがでることもある

休み始めた数週間は、とにかく眠りました。薬の効果かもしれませんが、とにかく眠かったです。午前中、午後、夜・・・しっかり寝ました。

しばらくすると、日中の眠気がなくなり日常の行動が普通に出来るようになりました。

起きている時間が多くなると、色々考えてしまう時があります。

普段ほとんど家にいなかったのに、今は家に居続けている自分。家族やご近所さんの視線が、ちょっとづつ気になってくるのです。

調子のいい日もあり、いつ仕事復帰しても大丈夫!と思える日もあれば、何もしたくなくなる日もある・・・といった波を、この頃感じていました。

仕事復帰を考える時

「一体いつになったら元に戻れるのだろうか」を考えることが多くなってくるのですが、「ここで無理に戻ってしまうと再発してしまう方が多い」というのが病院の先生の意見です。

消耗しきった体をもとに戻すには、それ相当の時間がかかる。仕事復帰は体のエネルギーが戻ったときに考え始めればいい。

焦らないのが重要です。

回復後の選択肢はいろいろある

「仕事復帰」とは、今の職場に戻ることを定義として考えるのが普通でしょうが、ストレスの元が「職場」にあり、そこに単純に戻るとなれば、また同じストレスが襲ってくるということです。

それなりの対応策(ほどほどに・・・など)が身についていれば、ストレスを逃がすことで仕事が出来るようになると思いますし、職場側で何かしらの改善をしてくれるようであれば更に戻りやすいと思います。

しかし、職場側の改善を期待するのも現実的では無いように思います。一個人のために職場環境を変更するとなれば、他の人達に何かしらの負担が出てきます。その調整には並々ならぬ負担が発声するはずです。

結論は、「自分の対応力次第」ということになります。

そこで私自身が考えなければいけないのは、「職場を変える」「働き方を変える」という発想です。

元の職場に戻るイコールまた同じストレスに対峙する気力があるか・・・と言われたら、「ない」というのが今の私の回答です。

となれば、結論は「転職」「独立」というキーワードで考えることです。

今の時代、個人で仕事を得ることが以前より簡単になってきています。

肝心なのは、自分を市場に出す覚悟があるか?ということです。

自分のスキルと市場で求められているスキルが合致すれば、仕事とお金を交換できるのです。お金の多さは自分のスキル価値で決まるのです。

どんな市場で自分を売るか、どんなスキルを身につけて戦うか、そのために必要な努力は何なのか・・・

休んでいるこの時間を使ってじっくり考えつつ、何かしらの行動をしようと思います。

まとめ〜充分休むことで見えてくる

「仕事がつらい・・・」と思っている方へ。

まず休みましょう。無理をしてはいけません。

ゆっくり休み、エネルギーが戻ってきたら、また違った景色が見えてくるはずです。

職場復帰するもよし。違う働き方をするのもよし。

毎日が楽しくなり、今ここを真剣に生きられれば、それでいいのかな・・・と思います。