メルカリでシェアリングエコノミーの将来性を実感

10年以上前に使っていた子供用の自転車が、メルカリで売れました。妻が出品していたのです。

激安だったとはいえ、取りに来ていただく条件での出品でした。

ありがたいのと申し訳ないのとが交錯しながら、大掃除を行いました。かなり汚かったので、錆は仕方ないとして、泥汚れを中心に入念に行いました。

新品を買うよりは安く入手できるので、汚れなど気にせずに使えればOKという考えであれば、とてもコスパは良いと思います。

ひと昔前の私だったら、当たり前のように新品を購入していたはずです。中古だと、みすぼらしいという感情もあったと思います。見栄が優先していたかとも思います。

自転車を磨きながらなぜかうれしく感じてきました。使う方の喜んでいる姿を勝手に想像しながら、何か「役に立っている」感で心がいっぱいになってきました。

売り手としては、直接的な利益は微々たるもので、メンテナンス費用など考えればさらに薄利です。しかし、とても気持ちの良い「商売」だと感じました。

使えるものを、使いたい人へ継承していくことで、モノを大切にし、地球を人の心にやさしい仕組みです。