【書評】『ブログで簡単! アフィリエイト 稼ぐ力をつけるための教科書』 ブログを書く本来の意味を再定義するキッカケになる良書

ブログは儲かる?

「ブログでお金を稼ごう!」と安直に意気込んではみたものの、「一体何をどうすれば良いんだろう?」というモヤモヤ感でいっぱいになってしまうことが、頻繁にあります。

過去にも色々と書籍は出ていて、読みながら進めてみました。

しかし、ブログ投稿は数日で止まってしまいました。

「なぜだろう?」

その答えは簡単でした。

「早急な結果を求めすぎていたんだ!」

「ちょっと書いたぐらいで簡単に儲かると考える時点で甘かった」

と、気づかせてくれたのが、この本でした。

ブログは好きなことを書くだけではない

「好きなこと」だけなんでも書けば、ある程度の記事は偶然でも書けてしまうと思います。

そのように書いていくと、自然と「日記」に近づいていきます。知らない人の日記を読みたい人って思うのは稀にいるかも知れませんが、期待できません。

ブログを公開するということは、誰かに読んでもらって初めてメディアとして成立します。つまり、読者がいるわけです。

自分のブログを読んでもらう読者のお役に立てる、ためになる記事でなければ意味を成さないのではないでしょうか。

得意分野を探してお金にする

「好きなこと」をどのようにして稼げるブログにすれば良いのか?ということが、本書に書かれています。

闇雲に進んでしまう前に自分の「好きなこと」を整理して、お金になる記事につなげていく道筋が本書で得られるのではないでしょうか。

本書で紹介されていた「ブレインダンプ」を、私もやってみました。100個くらい出すように、と書かれていましたが、私は半分以下しか出てきませんでした。

日々、頭の中で色々考えていると、モヤモヤした状態で絡み合ってしまっている状態になります。なので、いざ使おうとも持っても整理がつかず、文章に落とし込むことができないのです。

私がブログを書こうとする時も、最初の一文というか、何をどう書こうかというプランが思いつかないのです。

「ブレインダンプ」は、紙に書き出すという方法です。パソコンでタイプするより紙に書き出す行為が、脳内を整理するのには有効らしいです。

しばらくペンを使っていなかったこともあり、自分でも読めないくらい汚く、かつ漢字が思い浮かばない現象に苦しみました。

ペンで文字を書くことの重要さを再確認しました。

初心に帰ることで、脳内を整理しよう

ブログを始めるにあたっての心構えみたいなものが書かれているので、この本の手順を守っていけば、挫折せずにつずけられるのではないでしょうか。