WindowsユーザーのためのMacワンポイント講座(第2回〜コピペしやすいキー配置)

Windowsユーザーにとっては「Control」キーは左下にあるのが普通です。Macを使う時も、その方が便利です。

Macのキーボード左下にある「Caps Lock」キーは正直あまり使わないので、割り当てを変えましょう。

システム環境設定>キーボード>キーボードタブ内右下の「修飾キー…」ボタンを押す。

↑↑この画面のように「Caps Lock」キーを「Command」キーに変更してみましょう。

Windowsでコピペするときに使う「Control」キーは、Macだと「Command」キーが該当します。

こうすると、コピペ時の動作感覚がWindowsに似てるので直感で操作できるようになります。